女性の悩み | 尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない

尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない

カウンセリング

女性の悩み

女の人

女性は加齢を重ねるごとに尿漏れの危険性が増えているのです。それは、骨盤底筋という尿道を締める筋肉が弱まっていくからです。病院では、骨盤底筋が衰えてきての尿漏れを防ぐために定期的にトレーニング方法の指導を行っているのです。そこでは、筋肉をつけることのメリットなど生活の改善に向けた取り組みとしてやっているのです。尿漏れは自分の意識とは異なったことを引き起こしてしまいます。実際に尿漏れの診察を受ける際の流れを確認しておきましょう。病院に行った際には問診票に現在の症状を記載していきます。そして、検尿を行い、パッドテストを受けるのです。検尿は事前に知っておくことで我慢することができるでしょう。もし、忘れてしまった場合は診察をスムーズに受けることができません。続いて、内視鏡を尿道から膀胱にいれていきます。ここでは尿道と膀胱の様子を観察し異常がないかを調べていきます。そして、レントゲンを使って尿道と膀胱の状態をみる膀胱造影検査するのです。レントゲンでは、尿道の角度を見ることで症状を判断することができるのです。最後には、尿道からカテーテルという管を挿入して膀胱に水を入れて排尿していきます。それで膀胱が正常に動いているかを判断することができます。女性にとって尿漏れはふとした瞬間に生じる出来事です。尿漏れを感じながらの生活はとても苦痛になり、快適に生活を送ることができません。だから、尿漏れを感じた場合はいち早く病院に行き診察してもらいましょう。そうすることで早く尿漏れを改善することができるのです。

Copyright©2016 尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない All Rights Reserved.