男性のコンプレックス | 尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない

尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない

カウンセリング

男性のコンプレックス

男の人

近年湾曲ペニスが男性にとって精神的なコンプレックスになっています。湾曲ペニスは勃起した際にペニスが曲がってしまうことを指しています。湾曲ペニスの男性は女性に見られるのを嫌がったたり、女性との性行為を避けようとしたりしているのです。また湾曲ペニスは性行為の際に障害にもなっているのです。勃起した状態で曲がってしまうと性行為の際に挿入しづらかったり、抜けやすくなったりしてしまいます。そして、そういった中で無理やり挿入しようとして相手に痛みを感じさせてしまう場合もあります。湾曲ペニスの男性自身も亀頭への摩擦も増してしまい、性行為での快感を得ることが難しくなっています。性行為に対して壁ができてしまい、性行為を嫌がる男性が増加しているのです。湾曲ペニスを手術で矯正することができます。しかし、その症状をそのままにしてしまうと湾曲ペニスの屈折が強くなり、勃起の際に痛みを感じようになるのです。そうすると、EDやインポテンツといったさらなる症状が出かねないのです。また極度の湾曲ペニスでのコンプレックスにより心的EDを引き起こす場合もあります。ペニス上の構造で白膜という部分が歪んでしまうことによって湾曲ペニスになります。白膜はとても丈夫で一度曲がってしむともとに戻すのが難しくなってしまいます。また、自慰行為のオナニーでもペニスが曲がってしまう可能性があります。これは、思春期のペニスの成長期の際に、バランスの悪いオナニーをしているとペニスが曲がってしまうのです。その他には、ペニスのポジションによっても曲がってしまいます。長時間の同じ向きでパンツの中にしまっていると白膜のバランスが崩れてしまい曲がるということが生じるのです。

Copyright©2016 尿失禁は自分の意思ではコントロールすることができない All Rights Reserved.